【サロン向け】ホームページから集客するためのSEOポイント4つ -後編-

Pocket
LINEで送る

自社ホームページから集客したい。

でも実際はポータルサイトに頼りっぱなし。

ホームページを作ろうとしたけど挫折してしまった・・・

 

ホームページから集客する際、そのホームページにやってくるお客様にとって良質なコンテンツがあるかどうかが重要になります。

今回は、良質なコンテンツでサロンの売上アップにつなげるために、ホームページから集客するためのSEOポイント4つをお伝えします。

 

前回までの内容はこちら

→ 【サロン向け】ホームページから集客するためのSEOポイント3つ -前編-

 

【目次】

1.キーワードごとの検索ボリュームをチェック

2.キーワードのニーズを分類する

3.コンテンツ作成

4.最終チェック

 

 

1.キーワードごとの検索ボリュームをチェック

キーワードを多く取得したらそのキーワードがどれだけ検索されているか知る必要があります。

 

検索される回数が多い=ニーズが高い

ということになり、多くの方が興味のあるキーワードであることが分かります。

 

キーワードの検索ボリュームを調べるためにはGoogleが提供しているサービス「Googleキーワードプランナー」がオススメです。

 

しかし、キーワードをチェックする前にNGキーワードを除外する必要があります。

例えば、「カット」という言葉ですが、

「髪を切る」と「卓球のカット」両方該当してしまいます。

2つの意味を持つ言葉が検索ワードに入っていると、検索エンジンは意味が違うことを完全に識別できません。

 

2.キーワードのニーズを分類する

キーワードは以下の3つに分類します。

①決定ワード・・・検索後の行動が決まっていて、その方法を知るための検索

(例)表参道 サロン/東京 サロン 時間

 

②調査ワード・・・大まかにやりたいことは決まっているが、その方法が分からず悩んでいる状態

(例)パーマ 維持/ヘア 手入れ

 

③漠然ワード・・・調べることは分かっているが、検索後の行動が未確定で漠然と調べている状態

(例)美容業界/サロン 全国

 

3つの分類の中で、多く検索されやすいのが②調査ワード③漠然ワードです。

2つのワードに多く付随するキーワードの例はこちらです。

効果/効能/やり方/手法/方法/手順/コツ/オススメ/維持

コンテンツ作成の際、ご参考下さい。

 

3.コンテンツ作成

コンテンツ作成の際は、以下のステップを踏むことで効率的に書き進めることが出来ます。

 

①書き方を決める

オススメの書き方は、テーマを決めて、サロンのスタッフ様の体験談などを含めたコンテンツの書き方がサロンの売上アップに繋がります。

例えば「自宅で簡単!パーマ維持のポイント3つ」というテーマでしたら、実際にサロンのスタッフ様がどのように工夫して維持しているか、どんな器具を使っているかなどを内容に盛り込むと読み手は分かりやすく、あなたのサロン、スタッフ様に興味を抱きます。

 

②記事の中で表現するキーワードを決める

一記事内に盛り込むキーワードを決めます。

検索ボリュームがあるキーワードと先ほどリストアップした調査ワード、漠然ワードの組合せを記事内に盛り込みます。

(例)パーマ維持

この時、盛り込むキーワードは1つだけです。沢山のキーワードをコンテンツの中に散りばめてはいけません。

 

③形式に沿ってアウトラインを書き出す

OPQ分析をベースにしたものをご紹介します。

この形式に沿って書くことで読み手読みやすく、分かりやすくなります。

 

O・・・Objective→現状に対しての望ましいイメージ。結果こうあるべきということを書きます。

P・・・Problem→目的を達成するために障害となっているものです。

Q・・・Question→Problemを解決するために読者がイメージする疑問を書きます。

A・・・Answer→Questionを解決するために必要なことを書きます。記事の中で一番核となる部分です。

 

4.最終チェック

最終チェックが肝になります。

ポイントは以下の3つです。

 

①アイキャッチ画像は設定されているか

 書いた記事のトップになる画像で、その記事の印象を決める画像になります。 

 FacebookなどのSNSにシェアされた時にも表示される画像で非常に大切です。

 

②記事内にキーワードが含まれているか

 選別したキーワードが記事の中に含まれているかを確認します。

 前回お伝えしたペルソナも踏まえ、検索した時の結果として適切なコンテンツ内容とな

っているかも重要です。

 ペルソナについてはこちら。

 【サロン向け】ホームページから集客するためのSEOポイント3つ -前編-

 

③記事タイトルを決定する

仮作成したタイトルを確定させる際、注意点が2点あります。

 

ⅰ得られる効果をタイトルで伝える

良い例→「自宅でパーマを維持するための3つのポイント」

悪い例→「頑張ってパーマを維持しましょう」

 

ⅱタイトルの文字数を30文字以内にする。

  検索エンジンや、SNS等でタイトルが表示される際に過不足なく表示させるためです。

 

 

【まとめ】

今回は、サロンの売上アップにつながるホームページから集客するためのSEOポイント4つをお伝えしました。

対策をしっかりすることで集客サイトに頼らず、サロンの売上アップを狙うことが出来ます。

 

今回のホームページから集客するためのSEOポイントは次の4つです。

 ・キーワードの検索ボリュームをチェック

 ・キーワードのニーズを分類する

 ・コンテンツ作成

 ・最終チェック

 

ホームーページのSEO対策ができているかにご興味ある方は、こちらの記事【簡単!】ホームページの検索順位をチェックできる無料ツールもご覧下さい。

 

Pocket
LINEで送る